PC工法とは??

こんにちは😃😃

 

もうすぐ梅雨の時期がやってきますね😎😎

昨年はシーズン中あまり降りませんでしたが

今年はどうなるんでしょうか……😅😅

 

 

今日はPC工法についてお話をしたいと思います😊✨

 

PC(ピーシー)と聞くと、パーソナルコンピュータの略称?と

思う人もいるんじゃないでしょうか❓❓

残念ながら🙅‍♀️🙅‍♀️

 

 

通常、鉄筋コンクリート造(RC造)では、

現場に組み立てられた型枠にコンクリートを流し込んで固めて

建物を造り上げていきます……が❗️😳

 

その柱 ・ 梁 ・ 壁 ・ 床 などを、あらかじめ工場で製作しておき、

それらを現場で組み立てることを

プレキャストコンクリート(precast concrete)工法

略して『PC工法』といいます😤💪

巨大なプラモデルといった方が想像しやすいかも❓❓

 

実はPCというこの略語、建築と土木で意味合いが変わってくるんですが

またまた割愛で😢💔

 

 

👇👇白っぽい板がPCの床✨✨

写真の現場は床はPC、柱と梁は型枠で

建物を造り上げていきます😳😳

PCの床をクレーンで吊り上げていきます🏗💪

 

写真の職人さんは何をしているのかというと、

『地切り』といって、

吊り上げた直後に荷物を一度止めて

吊り上げの状態やバランスを確認しているんです💪💪

当たり前だけど、忘れてはいけない作業の一つ😉😉

 

 

 

この赤く丸で囲った部分、

ひも状の物が取り付けられているのですが気になりませんか❓❓

 

これは『介錯ロープ』といって、

クレーンで吊っている荷物が

風に煽られないようにしたり、回転や左右に振れたりしないように

コントロールするために付けられています💪💪

 

手で荷物をコントロールしようとすると

荷物との距離が近くなってしまい、

 

*壁と荷物の間に挟まれる

*荷物との衝突(写真のような作業場所だと衝突による墜落)

危険性が……😱😱

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ、PCの床を置く場所には目印が付けてあるので、

その印に合わせて並べていきます💪💪

置いた後は、床の高さが間違っていないか確認します😉😉

 

置いたら終わり、ではないんです✋✋

PCの床はハーフPCといって

床の下半分のみPCで造り、上半分は現場で鉄筋を組み立てて

上からコンクリートを流し込みます💪💪

柱や梁がPCで造られた場合でも床はハーフPCなんです😤💪

 

「プラモデルのように組み立てられないの❓」なんて思う人もいますよね

プラモデルのようにただ組み合わせるだけだと、

*つなぎ目から水・音が漏れる

*構造的な欠陥(例えばつなぎ目に大きく隙間が出来たり)

などの問題が発生しちゃうんです😩😩

コンクリートを流し込んで柱・梁・床・壁などを一体化させることで

そのような問題が起きないようにしています🙌🙌

 

 

ちなみに、下から見上げるとこんな感じ✨✨

サポート(支柱)+バタ角と呼ばれる木材を使用して

支えています💪✨

 

この工法は、あらかじめコンクリートの部材を工場で造り

組み上げていくため、

*安定した品質

*作業環境の安全確保

*工期の短縮

などのメリットがあります😤💪

 

今回の作業も梁型枠地組工法と同じく、

型枠支保工の組立て等作業主任者 (Wikipedia)

玉掛技能講習修了者 (Wikipedia)

という資格が必要になります🌟🌟

 

 

ちょっと長くなりましたが、おまけにタワークレーンも📸

それでは、ご安全に💪🔥